脂肪吸引でスリム~デブなんで言わせないぜ~

効果的に取り除く

脂肪吸引手術の注意点

ダイエット目的で美容整形手術をする場合、脂肪吸引手術か脂肪溶解注射があります。脂肪吸引手術はメスを使用して行う本格的な手術で、他の手術とは違って一日で大幅に減量できます。そのため、短期間で確実に痩せたい人に向いている手術です。 しかし、脂肪吸引手術はとても高度な技術を要する手術なので、名医がいる病院で手術を受けることをお勧めします。経験や知識が浅い医師が行うと、表面が凸凹になったり、皮膚がたるんだりする恐れがあります。 また、脂肪吸引手術は手術自体も大変ですが、手術後のアフターケアも大変です。手術をした後は、ガードルなどでしっかり患部を圧迫して皮膚がたるまないように丁寧にケアをする必要があります。

脂肪細胞そのものを取り除く

脂肪吸引手術はお腹周りや太もも、二の腕など、自己流ダイエットだとできない「部分痩せ」ができます。また、自己流ダイエットでよくある「リバウンド」の心配も不要です。太る原因である脂肪細胞をそのまま取り除くので、リバウンドして元に戻ることはないのです。気になる頑固なセルライトも一発でなくなります。 脂肪吸引はメスを使用しますが、メスを使用しないで出来るのが脂肪溶解注射です。脂肪溶解注射は薬剤を注射して脂肪を尿と一緒に排出するダイエット術です。部分痩せができて、脂肪細胞を溶かして体外に排出するのでリバウンドもなしです。ただし、一回で注射できる量に限界があるため、3回くらいに分けて注射をする必要があります。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com

Copyright© 2015 脂肪吸引でスリム~デブなんで言わせないぜ~All Rights Reserved.